中型免許を取りたいなら必要なことを確認【最短3泊4日で取得可能】

細分化されてもくらいつく

ハンドル

年齢と経歴と書類

2007年6月の法改正のためにそれまで普通自動車免許だった人が中型8t限定になり、新たな普通免許は旧普通免許と違う運転範囲が適用されました。また2017年3月の法改正では準中型免許ができるなど、運転免許は細分化されて免許取得も気をつけることが増えてきました。特に中型免許は高校を卒業してすぐに取得できる免許でも、運転免許を持っていない人がすぐに自動車学校に通えるものでもありません。運転の経歴がない人は準中型免許を取ったのちに中型免許を取ることができます。中型免許取得のためには普通または大型免許を取得して最低でも2年が経過している必要があるので、20歳未満だったり取り消し処分を受けた人は取得することができません。仮免許申請時までに20歳になっていれば良いので、自動車学校を申し込む際にはかくにんしておうたほうが良いです。また、取り消し処分者講習を受けていれば大丈夫です。またお客さんからお金を頂く旅客自動車を運転するときには一種免許を取得しなければなりませんが、免許の経歴が2年から3年に変わるので注意が必要です。自動車学校では学科は免除されますが、2007年以降の普通免許だけを取得した人など持っている免許によっては日数が変わるので余裕を持って中型免許取得を目指すのが無難です。申し込み手続きの際は住民票が必要ですがマイナンバーが記載されているものは使用できないので、住民票取得時に確認が必要です。

Copyright© 2018 中型免許を取りたいなら必要なことを確認【最短3泊4日で取得可能】 All Rights Reserved.