中型免許を取りたいなら必要なことを確認【最短3泊4日で取得可能】

正式な国家資格

船

4つに区分される免許

船舶免許はボート免許と呼ばれ、小型船舶操縦免許を意味する国土交通大臣が発行する国家資格です。小型船舶は20t未満の船舶を操縦できる免許であり、エンジン付きの船舶を操縦するには必ず必要となる免許です。船舶免許は一級、二級、特殊、湖川の4つに区分されており、また、免許の種類、正式名称、操縦できる船の大きさ、航行水域が免許の種類で限定される特徴があります。まず、1級の正式名称は1級小型船舶操縦士免許であり、操縦できる船の総トン数は20t未満となり、航行水域は全ての水域(外洋)となります。次に2級の正式名称は2級小型船舶操縦士免許であり、操縦できる船の総トン数は20t未満で1級と同じですが、航行水域が海岸から約9km以内か平水区域となります。そして、特殊の正式名称は特殊小型船舶操縦士免許であり、操縦できる船は水上オートバイ以下となります。航行水域は海岸又は湖岸から約3.7km以内の水域に限定されます。更に湖川の正式名称は2級湖川小出力であり、操縦できる船は総トン数5t未満(エンジン出力15kw未満)で、航行水域は湖、川、湾内、一部の湾になります。この様に船舶免許は細かく分かれており、操縦できる船舶の大きさとエンジン出力、航行水域が定められているのが特徴です。船舶免許を持つ事でレジャーやスポーツの楽しみの範囲が広がり、海岸でしか出来なかった釣りも海に出て楽しむ事が出来るようになります。また海以外の湖や河川であっても、時分の好きなポイントで釣りを楽しむ事が出来る事からバス釣りが好きな方などは多くの方が船舶免許を所有しています。

Copyright© 2018 中型免許を取りたいなら必要なことを確認【最短3泊4日で取得可能】 All Rights Reserved.