中型免許を取りたいなら必要なことを確認【最短3泊4日で取得可能】

標識

集中して取得

将来的に必要となる可能性の高い運転免許証を取得するにあたっては、時間が比較的に取りやすい学生時代を利用しておくと便利です。特に、合宿形式の自動車学校を利用する方法であれば、レジャーも含めた予定を立てることができ、充実した時間を過ごすことができます。

初心者マーク

さくっと取得したい方に

運転免許を取得するのは、なかなか時間がかかりますし少しずつ通って学ぶということは大変です。ですが、免許合宿であれば凝縮して講習を受けることでスムーズに免許取得することができます。最近は宿泊施設なども充実しています。

船

正式な国家資格

船舶免許はエンジン付きの船舶を操縦できる免許です。1級〜湖川までの免許がありますが、レジャーやマリンスポーツを楽しむ多くの方が取得している免許です。船舶免許は国家資格であり難易度の差もありますが、2級免許を取得する事で大体の船が操縦できます。

ハンドル

細分化されてもくらいつく

中型免許で気をつけることは年齢と運転経歴。一種は2年、二種は3年。取消処分を受けた場合は講習を受けておかねばならない。高校卒業したてで中型免許が必要な場合は準中型免許から取る必要がある。また、申込み時は住民票にマイナンバーの記載がないことを確認しておく必要がある。

教習所

スケジュールを知っておく

運転免許を合宿で取得するとき、期間としては2週間が最短になります。スケジュールは教習所がすべて組んでくれていて、それに基づいて学科や技能の教習を受けます。1日4時間から6時間の教習を受け続けて修了を目指します。

年齢と経歴の確認が必要

教習所

スムーズに済ませる

2007年6月に法律が変更され、中型免許ができ2017年にさらに準中型免許ができたために自動車免許は細分化されました。2007年6月以前までに普通自動車運転免許を取得された方は8t限定になりました。普通免許の運転できる範囲も変わり前準備や申し込み方法もかわりました。中型免許を取得するためには普通または大型免許の免許経歴が2年以上でなくてはならないので19歳で自動車学校に入校しても仮免の申請時に20歳になっていれば良いです。免許の取り消しを受けている人は、取り消し処分者講習を受ければ良いです。免許経歴が2年であれば自動車学校に入校しますが、学科試験はないので自動車学校に通う日数や費用も抑えられます。所持している免許によって講習内容が変わります。入校の申し込みは電話やインターネットで受け付けているところが多いのですが、手続きをする時には事前に用意するものがいくつかあります。本籍入り住民票(マイナンバーが記載されているものは受け付けない)・印鑑・免許証そして写真です。写真は自動車学校で証明写真の機械を導入しているところが多いですが準備しておいた方が当日の時間短縮になります。また、自動車学校は通学だけでなく合宿を行なっているところあり8t限定解除であれば最短3泊4日で取得可能でもあります。また中型免許には一首と二種があり、二種免許を取得するための要件も変わり免許経歴が免許停止期間を除いて3年以上あれば良いので申し込み時に確認しておきます。

Copyright© 2018 中型免許を取りたいなら必要なことを確認【最短3泊4日で取得可能】 All Rights Reserved.